エルメスはどんなバッグが高価買取されやすいの?

エルメスは誰もが知るフランスの高級ブランドバッグの代名詞です。しかし同じエルメスの製品であっても高価買取されやすいエルメスのバッグとそうでないバッグが存在します。

実際に高価買取されやすいバッグは何なのか、またエルメスのブランドなのに高価買取が期待できないものは何なのかについて説明し、高価買取されやすいモデルのうち、特にどんなものが高価買取されやすいのかにも触れながらお話ししていきます。

エルメスの高価買取されやすいバッグ

エルメスはフランスの高級バッグブランドで様々な製品を販売しています。常に最高のモデルを作り出そうとするあまり、時に革新的すぎるモデルを出すこともあります。

そんなエルメスで特に高価買取されやすいのは手ごろな大きさのケリーバッグと実用的なカジュアルバッグであるバーキンです。とくにバーキンは実用的で、かつハイブランドバッグであることから人気も高く売れやすいので、自然と買取価格も高くなるという特徴があります。

高価買取されやすいバーキン

バーキンの中でも高価買取されやすいものが存在します。それは30センチ以下の小さいサイズでカラーは黒のもの、更に「トゴ」「エプソン」「トリヨンクレマンス」と呼ばれる牛革を使用したモデルです。つまり、比較的小さい黒の牛革で作ったバーキンのモデルが特に高価買取されやすいのです。その上、傷が少なく美しい状態で持って行った方がより高額の買取が期待できます。

まとめ

同じエスメス、同じバーキンであっても高価買取されやすいものとそうでないものがあります。ですが、その二つに共通して言えることは多くの方が欲しいと思うようなものです。人気のバーキン、流行に遅れていない最近のモデル、きれいな状態、手ごろな大きさ、使いやすいモデルなどです。

そう言ったものの多くは自身も手放したくはないですが、より最新のモデルの購入資金に充てる目的で買取を依頼するというイメージであれば、実質かなり安い金額で最新モデルを手にすることができるわけですから、そういった傾向を知り、新しいモデルを買い替えていくというアイデアも悪くはないはずです。