CHANELの中古バッグ市場はどんなもの?

女性の憧れであり続けているブランド「CHANEL」。CHANELの中でも人気が高いのが「バッグ」です。近年では、ヴィンテージシャネルにも注目がされており、若者たちにも人気があります。

正規の値段で、CHANELのバッグを買おうと思うと、ビックリするほどの値段が付いていたりし、諦めることが多くあります。しかし、CHANELのバッグが欲しいと言う人には、様々なサイトで「中古バッグ」が販売されています。CHANELの中古市場は、どんなものなのか解説したいと思います。

CHANELの中古バッグはいくらで売れるのか

マトラッセやコココクーンなどCHANELと言えば、人気ラインが豊富にあります。モデルによって異なりますが、CHANELのバッグは、どの世代からも人気があらため、売れる値段も「高値」が付くことが多くあります。定価が高いということもあるのですが、使用しているファンのニーズが非常に高いため、中古品でも欲しいという人が多いです。

そのため、CHANELのバッグの参考買取相場としては、未使用品なら「定価の4割から7割」、美品だと「定価の3割から5割」、キズがあるような中古品だと「定価の1割から3割」で買い取ってくれます。当然ですが、モデルや形状によって買取相場は大きく異なることがありますが、十分高価買取が狙えるブランドです。

CHANELの定番で高く売れるバッグとは

CHANELのバッグは、高く売りやすいバッグモデルには特徴があります。例えば、「CHANELと一目でわかる」ことです。見た目の話になりますが、ブランドステータスが気にする人は、CHANELのバッグを持っているという傾向が強いです。

なので、ぱっと見てCHANELとわかるようなココマークがあしらっているバッグは、高く売れやすいバッグのひとつになります。もうひとつ例をあげるとするなら「形状」です。高くて売れやすいバッグの形状としては「2WAY」や「トート」などの「手が空くようなモデル」の方が人気が高いです。

まとめ

最初に少し触れましたが、CHANELは近年ヴィンテージシャネルなどが若者で人気が高く、モデルによって高価買取を狙えるブランドのひとつです。使用していないCHANELのバッグがあるなら、ビックリするほどの高値が付くこともあるかもしれません。